平岩浩二からのメッセージ
お芝居は特別なことではありません。人間の生活そのものがお芝居です。何かを喋る時、人に動作で伝える時、それは全部が無意識ということは滅多に無いんであって、必ず意識が働きます。そこで、下手だと上手く伝わらないし、上手だと上手く伝わります。
お芝居は、人生そのものの練習です。そして、その人のすべてが現れます。だから、自分を磨くためにこそ、ここで芝居の稽古を積んでください。間違いなく、世界で一番レベルが高い演劇教室です。
なぜならば、われわれには普通の演劇界に働いている、長年の積み重ねによる誤った常識、偏見が、働く余地が全く無いからなのです。










スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

ルーサの演劇・ダンス教室 第1回!

 皆様、本日はお疲れ様でした。
今日から『ルーサの演劇・ダンス教室』が始まりました!
この日を待ちわびた方も多かったと思いますが、いかがだったでしょうか?
初回ということもあり、話の部分と自己アピール演技を意識した自己紹介でしたが、皆様とても難しく感じたみたいでした。
実際は、自己アピールを出来なければ、人に自分の思ったことも伝えられません。自己アピール力をアップ出来なければ、ひきこもりや思春期の子供と変わりません。平岩師範代が冒頭で、話されていましたが、人間生まれる前から『自分』という『役』を与えられています。それは、誰でもちゃんと人前で『自分』の生まれてきた目的を自信を持っていえるのです。心の中で思っていることが、素直に言葉に表現できないのは、本当に生きている意味はありません。しかし、実際それが出来ていないのが、今の現状です。だからこそ、ここで演技力、ダンス力を身につけることにより、『自分』を円滑に表現出来るようになるのです。平岩師範代の『役』というのを内面でよく考えて見て下さい。皆様、お一人お一人が、自分の人生を選択しているのです。自己表現を身につけて、笑顔いっぱいになって、回りの人まで元気にさせてしまう人になってもらいたいです。
次回は、ダンスになります。
ダンスは人を感動させるだけではありません。
自分が一番に癒されます。
ダンスこそ演技の延長にあるものです。
ダンスは、指一本一本にまで、意識しなければなりません。
演技の方で全然だめだった方は、次回のダンスにかけて下さい。
基本からきっちり教えます。
ここのダンス教室のいいところは、難しいことはしないけど、基本をきっちりしていきます。心と体のアンバランスを整えるには、ダンスしかありません。是非、がんばりましょう!!!!

スポンサーサイト

  • | - |
  • 02:09 |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |
この記事のトラックバックURL
トラックバック